ふじみ野校

ふじみ野校

RCDエスパニョールジャパンアカデミーふじみ野校は、ふじみ野市にあるデサフィーオふじみ野というフットサル場で月曜日と金曜日に活動しているサッカースクールです。スペイン1部リーグに所属し,育成年代ではヨーロッパやスペインで数々のタイトルを獲得している名門RCDエスパニョールのメソッドに基づき,ふじみ野校では月曜日をテクニッククラス(tecnificacion),金曜日を個人戦術クラス(tactica individual)として活動しています。RCDエスパニョールが本拠地を置くスペインカタルーニャ地方では,ジュニア年代から年間を通したリーグ戦が行われており,選手たちは昇格や降格、移籍を繰り返しながら自分に適したレベルの中でプレーしています。そうすることで,その時その年代に1番必要なことを身につけることが出来ます。この理念に基づきエスパニョールふじみ野校でも2つクラスを創り選手一人一人に適した練習環境を提供できるようにしています。

テクニッククラスでは、パスやコントロール、ドリブルといった個人のボールを扱う技術に加えて、ステップワークやジャンプなどの体のコーディネーション能力に重点を置いてトレーニングをします。RCDエスパニョールはテクニックに関してもしっかりと整理されたメソッドがあります。例えばドリブルというプレーはconduccion(運ぶドリブル)・regate(相手を抜き去るドリブル)・proteccion(ボールを守るドリブル)の3つに分けてそれぞれ違うプレーとして考えており、それぞれにきちんと整理されたいつ・どこで・どのようにというキーファクターを作っています。ただボール扱いを上手くすることが目的ではなくあくまで試合中に使える技術にし試合で活躍できる選手を育成するためです。

個人戦術クラスでは、試合中における1対1、2対1、1対2の中で必要なコンセプトを身につけさせます。例えば攻撃時1対1でボールを持っていない時のコンセプトの一つにdesmaruqe(マークを外す動き)というのがあり、いつ・どのようにマークを外さなければいけないのか、また、マークを外した選手へのパスはどのようなパスを出さなければいけないのかというテクニックのコンセプトも含んだトレーニングになり、トレーニングメニューはより判断を伴うものになります。

日本人はボール扱いは上手いが試合で活かしきれていないとよく耳にします。エスパニョールふじみ野校では、RCDエスパニョールのメソッドに基づき、日本人の強みでもある技術力を試合でしっかりと発揮できるようにすべてのトレーニングに判断や戦術的要素を入れています。ここふじみ野の地から将来世界で活躍できる選手が誕生することを目標に、エスパニョールジャパンアカデミーふじみ野校で世界のサッカーを学びませんか?

コートへのアクセス

住所
埼玉県ふじみ野市大井武蔵野707-1
施設名
デサフィーオふじみ野
施設電話番号
049-262-3355
施設
駐車場有、シャワー有、ナイター設備有

スクールの様子

コーチからのメッセージ

皆さんこんにちは。エスパニョールジャパンアカデミーコーチの吉住です。

私は、RCDエスパニョールメソッドと私自身がスペイン留学で得た経験と知識を子供たちにしっかり伝え、ジュニア年代の子供たちにサッカーを理解させることで1人でも多くの世界で通用するサッカー選手を育成したいと思っております。

私が初めてスペインに渡ったのは2013年でした。それまでは高校サッカーのコーチとして活動し、周囲の方々や選手たちにも恵まれて全国大会にも出場することが出来ましたが、私が指導した高校生の中には、ボール扱いはものすごく上手だけど試合で発揮できない選手や、中学時代は試合で活躍していたのに高校になって試合で活躍できなくなる選手がたくさんいました。当時はどうすればその問題が解決できるか自分の中でわからないままでしたが、スペインへ渡ってすぐに自分の中で答えを見つけることが出来ました。答えは単純でした。自分がサッカーというスポーツを全く整理できていなかったことです。スペインではサッカーが一つの教科のように整理されていました。1つ1つのプレーに名前と定義があり、「いつ」、「どのように」、「何のために」と具体的に決められていました。日本でもプレーに名前はついていますが、スペインのそれとは細かさが雲泥の差でした。その環境の中に4年間身を置くことで自分の中でサッカーが整理されていきました。そして気が付いたことは、この整理されたサッカーのコンセプトは高校3年間やジュニアユースの3年間だけでは絶対に身につくものではなく、ジュニア年代からしっかりと積み上げていかなければならないものだということです。私が以前日本で指導していたときは、ジュニア年代はまずボール扱いからという印象がありましたが、ボール扱いと同じぐらいサッカーを理解させることが重要だと気づきました。実際、スペインで私が携わったクラブでは、私が大学時代初めて教わったコンセプトを小学5年生に指導していました。年齢が上がるにつれて体も成長すると同時に、サッカー環境はより結果重視になっていきます。そこで差になるのがサッカーを理解しているかどうかです。エスパニョールジャパンアカデミーでは、技術・戦術・チームプレーというサッカーに必要な要素をしっかり整理されたメソッドで選手たちに理解させます。目先の結果だけではなくサッカーを続けていくうえで必要なこと身につけることができるので、皆さん私と一緒にしっかりサッカーを学びましょう!!

会費

クラス カテゴリー コース 月会費 コース 料金
U-8 プレベンハミン 週1回コース 8,640円 カンテラ 6,480円
週2回コース 15,120円 U-9
U-10 ベンハミン 週1回コース 8,640円 カンテラ 6,480円
週2回コース 15,120円 U-9
U-12 アレビン 週1回コース 8,640円 カンテラ 6,480円
週2回コース 15,120円 U-12
入会金 20,000円 年会費 27,000円 2,250円/月 カンテラウエア代 12,960円

クラス編成

通常クラス
U8 1年.2年 16時15分~17時45分
U10 3年.4年 17時45分~19時15分
U12 5年.6年 19時15分~20時45分
セレクトクラス
U9 1年.2年.3年 17時45分~19時15分
U12 4年.5年.6年 19時15分~20時45分

定員

通常クラス
各クラス20名
セレクトクラス
各クラス15名

無料体験に申し込む